疫病退散 ヨゲンノトリ音頭

商品説明
【「ヨゲンノトリ音頭」 の作詞・作曲・振付は丸一仙三!】
コロナ禍で窮地に追い込まれた太神楽師が、起死回生に歌手デビュー!CDをリリースし、全国の皆さんと一緒に歌い踊り、家内安全・商売繁盛・無病息災・疫病退散を祈念。大ヒットソングにし、2021年の紅白歌合戦出場を目指します‼  〜♪心に虹を 描こうよ 夢と願いは きっと 叶うから 希望の明日は 日本晴れ♪〜
江戸時代の甲斐国(山梨県)の文献「暴瀉病流行日記(ぼうしゃびょうりゅうこうにっき)」〈山梨県立博物館所蔵〉に、「我らの姿を朝夕に仰ぎ、信心する者は必ずその難を逃れることができるであろう」と疫病の流行を予言していたと伝えられている、頭が2つの不思議な「ヨゲンノトリ」が描かれています。

オフィスかがみもち所属の、丸一仙三(まるいち せんざ)は、江戸時代から続く伝統芸能の「太神楽(だいかぐら)」の数少ない後継者であり、丸一仙花(まるいち せんか)との夫婦コンビ「かがみもち(夫婦太神楽)」のリーダーです。傘の上で升を回したり、獅子舞などを全国や海外で披露することを生業としています。
太神楽も400年以上の歴史があり、人々が家内安全・商売繁盛・無病息災となるよう、幸せを祈ってきました。疫病退散のシンボルである「ヨゲンノトリ」をテーマにした楽曲を作り、みんなで歌い踊って福を招き、合わせて関連グッズをお届けします。そして、太神楽の数々の妙技で日本を元気します!

【カップリング曲は、童謡「花かげ」(作詞 大村主計、作曲 豊田義一)】
子供たちへ歌い繋いでいきたい童謡「花かげ」。私の住む山梨県甲州市塩山(えんざん)には、歌のモデルとなった桜並木があります。詩人 大村主計(かずえ)さんは、現在の山梨市の生まれです。少年時代に嫁ぐお姉さんを見送った時のことを、後年に回想して一夜にして書き上げたと言われ、昭和の初期に流行歌となりました。 満月の夜、桜が舞う中、人力車に揺られて行くお姉さんの背中を見て、悲しんだ思いと同時に、一人でも頑張っていくという決意を感じました。人生にはそれぞれに様々な別れがありますが、その中でも前向きさを忘れずに、生きていきたいという気持ちを込めて歌います。

※試聴音源準備中※
商品内容
No 曲名 試聴
1 ヨゲンノトリ音頭
2 花かげ

※ 試聴音源を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。

商品詳細
発売日 2020/11/3 フォーマット CD
レーベル オフィスかがみもち HP オフィスかがみもち
販売価格
1,000円(税込)
購入数